公立那賀病院

臨床工学科

臨床工学科のご案内

 

臨床工学科の特色

臨床工学技士とは、『医師の指示の下に生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業務とする』医療機器の専門医療職種です。

当院では、現在6名の臨床工学技士がME機器を利用した臨床業務とME機器管理業務に従事しています。

 

業務内容

【OP室業務】

・OP室の機器や鋼製小物など修理・点検・管理を行っています。

毎日、OP開始前に麻酔器や除細動器の始業前点検を行い、トラブルに対応できるよう内視鏡使用時などはOPに立ち合うこともあります。

 

【心臓カテーテル検査】

・心血管造影室で行われる心臓カテーテル治療にかかわるポリグラフ、IVUS、一時ペーシング等の操作や保守、点検を行っています。

又、必要に応じてIABP、PCPSの導入介助、設定及び保守点検を行っています。

当院では、医師・看護師・放射線技師・臨床工学技士が心臓カテーテル検査に関わっています。

       

 

【血液浄化】

・急性血液浄化(CHF・CHD・CHDF・エンドトキシン吸着)や(L-CAP・腹水濾過濃縮)なども臨床工学技士が行っています。  

 

【機器管理】 

毎日ベットサイドモニターとセントラルモニターの設定確認を行います。

人工呼吸器使用時は毎日ラウンドを行い、定期的に回路交換等も行っています。

また、人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器、保育器などや上記に挙げたIABPやPCPSや血液浄化装置などの保守点検も臨床工学技士が行っています。各装置がいつでも安全に使用できるよう定期的な点検計画を立て実施し、中央管理を行っています。

    

 

【その他の業務】

・整形外科で患者様にセーフスの使用方法の説明

・内科・外科におけるRFA(ラジオ波)の操作

・乳腺呼吸器外科におけるマンモトームの操作

・呼吸器内科で患者様にHOTの使用説明等を行っています。