公立那賀病院

嚥下訓練食

嚥下リハビリ食

食事回数
昼1回
形態
スライスが容易で離水がなく、吸引時に唾液と区別できるようグレープ色のゼリー
主食
なし
食品
エンゲリードミニグレープゼリー(1個29g)
水分確保の方法
非経口摂取
一日栄養量
エネルギー 18kcal、たんぱく質 0g、水分 18cc

例:エンゲリードミニグレープゼリー(1個29g)

 

嚥下開始食

食事回数
朝・昼・夕(選択可)
形態
スライス法で咽頭部をスムーズに通過するゼリー
主食
なし
食品
プロッカゼリー(1個70g)
水分確保の方法
非経口摂取
一日栄養量
エネルギー 240kcal、たんぱく質 18.6g、水分 174cc

例:プロッカゼリー(1個70g)

 

嚥下食1

食事回数
朝・昼・夕 3回
形態
粘膜への付着性が低くべたつきやざらつきの少ないゼリー状
主食
粥ゼリー(スベラカーゼ粥)
食品
ソフティアゼリー
水分確保の方法
非経口摂取又はお茶ゼリー
一日栄養量
エネルギー 600kcal、たんぱく質 20g、 水分 500cc

例:ソフティアゼリー

 

嚥下食2

食事回数
朝・昼・夕 3回
形態
ペースト状やゼリー状で流動部分が均一になるように調節したもの
主食
粥ゼリー(スベラカーゼ粥)
食品
ペースト状又はゼリー状
水分確保の方法
お茶ゼリー、水分補給ゼリー、とろみ茶
一日栄養量
エネルギー 1200kcal、たんぱく質 50g、 水分 800cc

image11

 

嚥下食3

食事回数
朝・昼・夕 3回
形態
舌や歯ぐきでつぶせる程度のやわらかさで、水分には増粘剤でとろみをつけたもの
主食
全粥又はソフティア粥
食品
咀嚼困難食や全粥食への移行段階の食事
水分確保の方法
とろみ茶、水分補給ゼリー
一日栄養量
エネルギー 1400kcal、たんぱく質 55g、 水分1000cc

image16

 

栄養科のご案内へ