公立那賀病院

アンギオ(血管撮影)

 

平成27年6月より新しいアンギオ装置が稼働しています。

 

アンギオって?

 アンギオとは、血管撮影のことで、足や手の血管から細長い管を通し、頭部・心臓 ・腹部などの目的部位に先端を進め、管から造影剤を流し、血管の病気や腫瘍を見 つけ場合によっては治療を行います。


        検査室                操作室


以前の装置と何が変わったの?

 以前は、2方向(正面、側面など)撮影するのに、1つのX線管球で2回撮影してい ましたが、新装置では、違った角度を2つのX線管球で同時撮影できるようになりま した。

 ということは、造影剤の量が減らせて、検査時間も短くなるということです。

 更に、画質の向上に伴い、放射線の量を減らすことができます。

 また、アンギオ装置で3D撮影やCTのような撮影ができ、より詳細な情報を得るこ とができます。


    頭部の正面像        側面像


    心臓の撮影像       異なった角度の撮影像


           腹部の撮影像       血管のみの撮影像


              頭部3D撮影像(赤が動脈、青が静脈)

 

どんな病気の人が、対象となるの?

 当院では、アンギオ装置を、放射線科・循環器内科・脳神経外科・腎臓内科の4科 が共用しています。

 頭部では、脳梗塞・脳内出血など

 心臓では、心筋梗塞・狭心症など

 腹部では、肝細胞癌、消化管出血など

 さまざまな部位の病気が、検査・治療の対象となっています。