公立那賀病院

X線一般撮影

X線一般撮影検査を受ける前に

X線撮影をする前には、できるだけ服を脱いでいただきます。
X線には、物体を透過する作用があり、その物体の吸収差がX線画像として現れます。ですから服を着たままでは、ボタンや金属、着衣によるシワの重なりによってX線の吸収差を生じ、写真上で影となって写るために、診断の際に誤診を招く恐れがあります。それを避けるために服を脱いで検査用着物に着替えて頂いています。撮影部位によっては、下着等をつけてもよい場合があります。


以下の物については担当技師が撮影部位により判断しますので、患者様のご理解ご協力をお願いいたします。

  • ピアス、ヘアピン、ネックレスなどの金属類や真珠類
  • 湿布、エレキバン、カイロなど
  • 補聴器、入れ歯など

検査当日の流れ

  1. 放射線科受付で、診察券を出して受付をします。
    受付時、何番の撮影室で待つか説明があります。
    説明を受けた撮影室の前でお待ち下さい。
  2. しばらくすると技師がお呼びしますので、呼ばれましたら検査室にお入り下さい。
    もし、長い間呼ばれない場合は、近くの技師または受付に声をかけてください。
  3. 検査を受けます。
  4. 検査終了後、順路案内表をお渡しするので、
    しばらく廊下でお待ち下さい。
    外来などで事前に説明があった場合は、その指示に従ってください。
  5. 順路案内表を渡された方は、次の検査またはブロック受付へお戻り下さい。
胸・腹部撮影

    • 検査の目的
      胸部・・・肺、気管、心臓、大血管、横隔膜や縦隔の陰影などを見る検査です。
      腹部・・・肝臓、脾臓、腎臓などの輪郭、腸管内腹腔内ガス像、石灰化などを見る検査です。
    • 検査時間
      約3分です。
  • 検査の内容
    患者様は技師の指示に従って、上半身についているネックレス、シップ、エレキバンなどをはずしてもらい、肌着もしくは検査着に着替えていただきます。
    技師が「息を吸って止めてください」または「息を吸って吐いて止めてください」と合図するので、その通りにしてください。
骨・軟部撮影

  • 検査の目的
    骨・関節や筋肉、脂肪組織の状態を調べる検査です。骨折や脱臼などが分かります。
  • 検査時間
    撮影部位により異なりますが、約5分〜10分です。
  • 検査の内容
    撮影部位によって、服を脱いでもらうことがあるので技師の指示に従ってください。
    撮影時にも、部位によって「息を吸って止めてください」または「息を吸って吐いて止めてください」と合図するので、その通りにしてください。
乳房撮影

  • 検査の内容
    乳房は柔らかい組織でできているために、専用の装置を使って撮影します。
    検査前に、上半身を脱いでいただきます。撮影では、乳房をはさんで写真を撮ります。乳房は人により厚みも大きさも違いますので、よい写真を撮るためには乳房をなるべく均等に圧迫して撮ることが必要となります。少し痛みを伴います