公立那賀病院

循環器内科(禁煙外来)

外来日程

  時間
1診 午前 前田科長

高橋医長

 

下角医員 稲垣医長

医大医師

 

2診 午前

高橋医長

前田科長

稲垣医長

医大医師

医大医師

 

禁煙外来:金曜日午後(予約制)

医師紹介はこちら

診療内容・特徴

 当科は平成11年4月の病院改築と同時に新設されました。

 現在は4名の循環器科常勤医師を中心に日常診療、外来、入院患者さんの対応等の業務を行っております。

 循環器科で扱っている疾患は、主に狭心症・心筋梗塞などの心臓を養う冠状動脈の血流が不足することによって生じる虚血性心疾患、正常の心電図が乱れる不整脈、心臓の弁の働きが悪くなる各種心臓弁膜症、心臓の働きが悪くなり全身に十分な血液が送れなくなるうっ血性心不全などが中心で詳しい検査・治療を行います。最近では食生活の変化とともに動脈硬化による血管の疾病も徐々に増加しつつあり、特に下肢の血流が不足することによって生じる閉塞性動脈硬化症が問題となりつつあります。

 循環器科にて行っている検査内容としては具体的に心臓の形、大きさ、動きの良し悪し、心臓内の弁の逆流などが判るドップラー心エコー図検査、狭心症・心筋梗塞の大きさや飲み薬だけで治療が可能かどうかあるいは重症かどうかを知るために運動して頂いて心電図を記録するトレッドミル運動負荷検査や各種心筋シンチグラム、不整脈の種類と重症度を調べるために24時間続けて心電図が記録できるホルター心電図検査、心臓の冠状動脈の血液の流れを直接に造影剤というレントゲンに写る薬を使って見る心臓カテーテル検査などがよく行われております。

 また、新しいCTやMRI装置が稼働を始め、冠状動脈や末梢動脈の血液の流れをカテーテルを挿入すること無く見ることが可能となりつつあり、診断の一助として大いに役立っております。

 循環器科で行われている専門的治療としては、ペースメーカー植込み術をはじめとする各種不整脈疾患に対する診断と治療、虚血性心疾患に対する病変の診断と小さな風船(バルーン)を用いて血管内の狭いところを広げ、続いて血管内を支えるステンレスの網目状のチューブ(ステント)を留置する処置(経皮的冠動脈形成術)等を行っています。下肢動脈等の閉塞性動脈硬化症に対しても同様の治療法が用いられます。

 この検査・治療においてはカテーテルという細いチューブを用いて皮膚を局所麻酔して血管内を通していき心臓内あるいは目的の血管内で様々な処置を行う方法が応用されております。

 経カテーテル治療の歴史は比較的浅いですが、外科手術に比して侵襲が小さいという理由で、世界中で殊に我が国で短い間に爆発的に普及しました。当院では、最近、この経カテーテル治療に用いる血管造影装置が新しいものに置き換えられ、より鮮明な画像をもとに治療を行っております。

 現在、当院には未だ心臓血管外科がありませんが、外科手術が必要な方のために遠方まで足を運ぶご苦労を多少なりとも減じるよう決まった曜日に県立医科大学より心臓血管外科医師に来て頂いております。

禁煙外来

禁煙外来診察の流れ

医師の診察

喫煙が体に及ぼす影響や薬の説明

  • ニコチン依存症かチェック!
  • 一酸化炭素の測定
  • 健康状態について検討
  • 投薬の選択

ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れの症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。

健康保険等で禁煙治療が受けられます。

臨床心理士の面接

禁煙しようと思った動機、吸いたくなったときの代替療法などの心理面でサポートします。

タバコが吸いたくなったとき、我慢するより、気持ちを切り替えることが長続きさせるには必要です。

タバコを吸う動作は、癖になっています。
日常生活の中から、自分に合った代替療法を考えて行きます。

予約方法

初診時は、地域医療室に電話連絡し予約を取ってください。