公立那賀病院

産婦人科

外来日程

  時間
1診 午前 吉村医員

嶋本医員

【新患】

帽子医長

【新患】
帽子医長

吉村医員

【新患】
  午後 帽子医長

嶋本医員

帽子医長

帽子医長

 
2診 午前

西副院長

【新患】
  吉村医員

西副院長

【新患】
 
  午後 西副院長   西副院長 西副院長  

【手術日】火・金曜日
【妊婦教室】水曜日午後
【受付(金曜日)】10時まで

医師紹介はこちら

検査

MRI、CT、骨密度測定装置、超音波診断装置、コルポスコープ、子宮鏡

特徴

婦人科

一般的な婦人科疾患はもちろんですが、以下の事項は当科の特徴として積極的に対応しています。

  1. 手術を要する疾患には、極力低侵襲性手術で対応しています。
    日本産科婦人科内視鏡学会の認定研修施設であり、多くの症例が内視鏡手術や膣式手術で行われています。
  2. 高齢化社会を反映した骨盤臓器脱(POP:子宮脱、膀胱脱、直腸脱など)には、ひとつの治療法に固定せず、多くの治療法の中から病状、病態に応じた治療が行われています。
  3. 婦人科悪性腫瘍には、手術治療、化学治療、あるいは放射線治療など、他科の協力のもと積極的に対応しています。
  4. 性に関する悩みやトラブルには、日本性科学会認定医による性カウンセリング・性治療が行われています。

産科

  1. 地域の基幹病院としての役割をはたすべく合併症を持った妊娠に対応できるよう産科医のみでなく他科の協力を得つつ診療、治療にあたっています。
  2. 妊娠34週未満の分娩には新生児集中治療室(NICU)の体制が整った施設に紹介させていただいています。
  3. 常勤医の減少により分娩取り扱い数の制限を行わざるを得ない状況になっています。妊娠初期でも予約一杯で受け入れられない場合がございます。