公立那賀病院

呼吸器内科

外来日程

  時間
1診 午前 土橋医員 中西科長 当番医 中西科長 土橋医員
2診 午前 小暮医員 佐藤医員 小暮医員 佐藤医員 医大医師
  午後    

 

 

 


医師紹介はこちら

専門分野

呼吸器疾患

取り扱える疾患

呼吸器疾患全般
(肺癌、COPD、気管支喘息、肺感染症、その他)

特色

紀北地域の呼吸器基幹病院の役割を担っており、臨床重視で呼吸器疾患全般にわたって診療しています。日本呼吸器学会認定施設であり、2008年度からは地域がん診療連携拠点病院の認定も受け、肺癌に関しては集学的治療が可能です。また、地域の病診連携を密に行っており、かかりつけ医からも安心して受診できる体制にあります。

症例数・治療・成績

  安定した外来患者は極力地域の医院に紹介し、新患や増悪時の入院受け入れ主体の診療体制をとっています。延べ入院患者は年間600人前後で、内訳は多い順に肺癌、肺炎、COPD増悪、間質性肺炎、喘息重積発作などであり、その他肺血栓塞栓症・肺アスペルギルス症・過敏性肺臓炎・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など多岐にわたります。結核診断は行うが専門病棟がないため、排菌(+)の場合は他施設に入院依頼いたします。

  • 肺癌では基本的にEBMを重視した治療を行うが、個々の患者・家族と良く話し合い、生活様式や人生観にも配慮した満足度の高い選択肢を考慮します。近年は特に肉体的苦痛・精神的苦痛を病初期からコントロールする緩和ケアを積極的に行っています。
  • 肺感染症はガイドラインに基づき最善の抗菌薬を使用し、短期の入院で改善できるよう配慮しています。
  • COPD・間質性肺炎・SASなどではNPPV、HOT、c-PAP、HMVなど疾患病態に応じて補助呼吸手段を使用し、QOLを向上させます。
  • 気管支喘息は吸入ステロイド中心の治療を行い、ほとんどの症例で良好なコントロールを得ています。
  • 検査は気管支鏡年間200〜250例を主に、CTガイド下生検、胸腔ファイバー、PET(他施設依頼)など迅速な診断治療を心がけています。

医療設備

CT、MRI、核医学検査、リニアック、気管支鏡、胸腔ファイバー