公立那賀病院

がん診療のご案内

 那賀病院がんセンター

ごあいさつ

 公立那賀病院では5大がんは外科・内科・呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科・乳腺外科が担当しています。
また、前立腺癌や膀胱癌は泌尿器科、子宮癌や卵巣癌は産婦人科、甲状腺癌や頸部の悪性腫瘍は耳鼻科、脳腫瘍は脳外科が担当します。

 がんは体中のどの臓器にも発生する恐れがあります。
さまざまながんのなかで日本人のがん死亡の上位を占める胃癌・大腸癌・肺癌・肝臓癌・乳癌は、いわゆる5大がんと称されて行政でもそれらの治療を重視しています。

 がんによっては、一人のがん患者さんの治療を行うのに2つ以上の治療法が考えられ、それらを順に行ったり、あるいは同時に行ったりと、一診療科の治療手段だけで取り組むのではなく、総合的な治療を行うことでより良好な治療効果が得られる場合があります。
また、骨転移・肝転移・リンパ節転移・脳転移・腹膜転移・胸膜転移・局所再発が生じると、疼痛・黄疸・神経症状・腸閉塞・腹水貯留・呼吸困難などを来たしますが、これらに対処するのに、最初に治療を受けたのとは別の診療科の協力が必要なこともあります。
進行しすぎた癌で、治療が困難な病態でも、複数の診療科の医師やコメディカル(看護師、薬剤師など)が一堂に会して治療に関する意見を出し合うことで、その後の治療の展望ができることもあります。

 さらに、がん治療後の経過は治療によって治癒するとは限らず、再発がん終末期を、肉体的にも精神的にも安楽に過ごせるような緩和医療体制や、地域医療連携が整っていることも重要です。

 各診療科で行うがんに対する専門的治療のほか、那賀病院がんセンターではこのホームページでご案内するいくつかの取り組みを行っています。

  那賀病院では、診療科や職種など部門を超えた総合的がん診療に積極的に取り組み、地域がん診療連携拠点病院としての責務を果たしてまいりたいと思います。

がん診療のご案内