公立那賀病院

入院のご案内

 近年の医療情勢の変化、医療費の増大等の諸問題に対し、わが国では国家的事業として、抜本的な医療システムの改革が進行しつつあります。 その中で、病院の役割は以下のふたつに大きく分けられます。

  1. 急性期型病院
    救急疾患や、特別な治療・処置が必要な患者さまを診療するための病院
  2. 療養型病院
    救急治療や特別に治療・処置が終了し、病気が落ち着いてきてはいるが、まだ入院が必要な患者さまを診察するための病院

二種類の役割の違う病院が連携し、おのおのに任された医療を遂行することになっています。

公立那賀病院は1.急性期型病院に位置付けされています。

急性期型病院には、守らなければならないいくつかの規則があり、そのうちのひとつに入院期間があります。


急性期型病院では、長期の入院は原則的にできません。


「早い治療、早期退院」を目指しており、本院は、できるだけ短期間に病気がよくなるように誠心誠意、治療させていただいております。
入院期間は病気により違いがありますので、入院時に予定入院期間をお知らせいたしますが、入院期間が長引くような場合は、状況により転院をお願いすることがあります。その際は、趣旨をご理解いただき、ご協力を賜りますよう、なにとぞ宜しくお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、主治医にお尋ねください。